So-net無料ブログ作成

彫刻刀の完成 [木彫学院]

やっと彫刻刀が完成しました。
学院に参加してから、早5ヶ月・・・、彫刻刀の製作は段階がたくさんあって、何度もカシュー(人工漆)を塗っては水ペーパーでおとし、最後に下地で塗っていた朱の色をところどころ出す、曙という名の漆塗りデザイン・・・。できてみると、喜びもひとしおです。

私の人生で初めての体験でした。こんな体験どこに行ってもさせてもらえないように思います。貴重な体験でした。
思えば、去年秋に、能登半島の輪島にミニ旅行をして、輪島塗の美術館に出かけたのですが、そのときみた作品の数々や、朝市で手にとった1つひとつのお椀やカップなどの、手作りのぬくもりを思い出して、自分の今回の作品に重なりました。

110126_1938571.jpg

余談ですが、携帯機でこの画像を撮るときに、何度もカメラ設定が自動的に「バーコードリーダー」に勝手に変わってしまったので、笑えました。たしかに、バーコードっぽいですもんね。

話は変わりますが、忙しさの波のある仕事をしている関係で、2月からしばらく残業や休日出勤などが続くので、学院はしばらく休学させて頂くことにしました。

私の職場では、マニュアル制作を行っていますが、日本語→英語→多言語の順番に翻訳と編集が行われています。世の中の最新技術を取り入れた機器をいち早く市場に出すため、マニュアル制作の工程もどんどん短くされ、短い期間で的確な翻訳を求められます。
私の立場は真ん中の工程の英語なのですが、英語が遅れると多言語の工程に支障をきたすため、責任重大なポジションです。

学院も頑張ってきたのですが、去年暮れより仕事との両立&家庭等で自己調整が必要になりました。
せっかく、彫刻刀の製作が終わり、さてこれからいよいよ、本格的に彫刻の勉強ができるという段階で大変残念ですが、いったん、お休みいたします。

なお、一般教室のほうでの観音様製作は同じペースで続行します。こちらに関しては、ときどき記事をアップさせて頂きたいと思います。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。