So-net無料ブログ作成

観音様製作(12/12) [彫刻]

細かい作業に入っているので、毎回どこか彫り進んだのか、あまり全体像が変わらない記事が続いています。ほんとに完成までこぎつけられるのか、、と毎回思うのですが、少しずつでも進んだと思えるとき、達成感を感じます。

今日の作業は、足の形を出すことと、腕に飾りがついているので、その部分を残して腕全体を細くすることでした。入り組んだ場所を彫るときに彫刻刀の刃が届かなかったり、形を正しくとっていくのが難しいです。

101212_2049221.jpg

101212_2048501.jpg

p.s.
先日、彫刻の作品をみるために柴又帝釈天にでかけてきました。
別のブログにアップしていますので、よろしければご覧ください。
http://travelingwwind.blog.so-net.ne.jp/

彫刻刀の漆塗り [木彫学院]

一通り、彫刻刀の柄の素削りは終わり、そのあとは刃の研ぎを少しずつ進めています。1レッスンにつき、2本ほど。

それと同時に、柄に漆塗りの下地を塗る作業を行いました。人工漆をまず柄に塗って一晩乾かした後、表面のざらつきをとるために、水やすり(ペーパー)をかけて、いったん余分なものを取り去る作業があります。

101212_2051011.jpg

それを終えると、また、人工漆を塗りなおして、何度か繰り返してようやく完成に至るようです。

道のりは長いです。
1つのことをずっと単調に続けていくだけではなく、別のこともしたほうがよいという先生のご配慮で、同時に地紋彫りも前回させて頂きました。

地紋彫りは、3年ほど前、入会直後に一度やったきりです。思い出せないので、はじめてのことに近いので緊張して手がこわばりますが(苦笑)、なんとかきれいに作成できればと願うばかりです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。