So-net無料ブログ作成

新たな彫刻刀の出現! [木彫学院]

先週は、サンドペーパーで仕上げをした彫刻刀のうち、表面の凸凹がどうしてもとれない柄に対して、木の粉とボンドを練り合わせたペーストを埋め込んで、凹んだ箇所を平らにする作業をしました。

それと同時に、小刀(大)2本の刃を研ぐ作業に入りました。
最初にグラインダーで、刃先を研ぐのですが、研ぐ面の角度を固定してまっすぐに研がなければならず、手元がふらつくとすぐに表面が丸くなってきてしまうことを実感しました。
そのあと、刃の裏側を研いで次の写真のように、裏側を完全に平らにする作業があります。
研げた箇所は、楕円形の形に光っているのですが、ちょっとこの写真ではみにくいですね。

101124_2130411.jpg

今日は、刃を研ぐ作業はいったん保留にし、新しい彫刻刀を2本作成する作業が始まりました。
この2本は特殊な刃の形をしており、仏像本体の曲線を彫りこむときに使うものです。
今日は2本のうち、1本だけここまで削りました。

101124_2130031.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。