So-net無料ブログ作成

彫刻刀の製作3 [木彫学院]

今日は2本半作成しました。


柄の太さが細くなり、更に削る量が増えているみたいです。
延々とこの作業をしていましたが、ようやく今日の作業を終えて
あと残り2.5本となりました。

101021_2146071.jpg

すべての柄を削った後は、仕上げでもう1度かんなで削るそうです。
つるつるの表面になった彫刻刀を想像すると、ちょっと嬉しい気持ちです。

しかし、今日の柄は木目が交差していて、一方向に削ると、場所に
よっては、かんながひっかかってうまく削れなくなり、柄を逆向けに
してから削rなければならないのですが、これがやっかいです。

間違って同じ調子で削っていて、急に削りにくい箇所を削ってしまうと、
手に衝撃が・・・!

木と対話して、木目に沿って上手に削ったり彫ったりできるように
ちゃんと心を通わせて作業することが大切のようです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。